2016/02/21 16:52:21 |

体がむくんでいるという人は、毎日の生活習慣を見直すことが必要です。
その見直す内容について、まとめてみました。

 

・暴飲暴食をしない
食事や水分を多く取りすぎてしまうと、体がむくむ原因となります。
その為、暴飲暴食をしないように心がけましょう。
特に、太りやすい人は要注意です。
また年齢が高くなるとともに、むくみが取りにくくなるので、暴飲暴食をすることは、特にはお年寄りの場合、危険を伴うと思うことが大切です。

 

・体のむくみを取る食材を食べる
体のむくみを取ることができるのは、カリウムを多く含む食材です。
その食材は、バナナや海藻類があります。
それらを、毎日の食事の中にうまく取り入れるようにしましょう。

 

・冷え性を改善させる
冷え性であると、体全体の血流が悪くなっている為、その結果、むくみも強くなります。
冷え性を改善させることによって、むくみも取りやすくなります。
体が冷えるという人は、暖かくすることと、温かいものを食べる等、体を冷やさないようにしましょう。

 

・運動をする
適度な運動は、体の代謝を高めて、全身の血流が良くなります。
そのため、運動を毎日の生活の中に取り入れるようにしましょう。

 

・たっぷりの睡眠
足のむくみを取るには、たっぷりと寝ることが大切です。
体を横にして、安静にすることは、腎臓の働きをよくすることになります。
すると余分な水分を、腎臓の働きが良くなったことにより、体の外に排出をしやすくなります。
そしてそれは、寝ている間が最も、効果的であると言えます。

2016/02/07 15:58:07 |

むくみなんて大人になるまでなったことがありませんでした。テレビで足がパンパンになっている人を見ても、自分が元気だったのでこれからも悩まされないだろうと軽く考えていました。むくみは足や顔が代表的ですが、内臓のむくみもあるそうです。

 

塩分や水分の過剰摂取によって体に水が溜まってしまい、吐き気や食欲不振を引き起こします。内臓のむくみは一番怖いです。目には見えないけど、放っておくと内臓の働きが低下して、最悪の場合、死に至ることがあるそうです。外見に変化がなくてよかった!なんて、安心してはいられません。

 

こんなむくみもあったなんて知ったとき、普段から気を付けなくてはいけないと気が引き締まりました。しかし、私は2年ぐらい前から運動不足で体質が変化してしまいました。

 

内臓がむくんでいるのを感じるときがあります。布団から体を起こしたときにぽちゃぽちゃという音がします。これは、余分な水分が体に溜まっている証拠です。

 

漢方では水分代謝が落ちた状態を意味します。舌を見れば歯形がついて白くなっています。これがむくみのサインです。

 

そんなとき、起きたときに何となく体がだるいと感じます。食欲が落ちたり、体の冷えも感じます。

 

起きていられないぐらい辛いときもあります。胃腸の働きが悪くなってご飯が食べられないので、はやく元気になるために胃腸薬を飲みます。

 

胃腸が働くようになると、体が楽になってぽちゃぽちゃ言わなくなります。不思議だなぁと思いました。

 

胃腸薬を飲めば楽になることが分かったので、むくみを感じるとき、すぐに飲むようにしています。

2016/01/13 17:38:13 |

むくみを放置していると滞った老廃物が脂肪細胞の周りに固まってセルライトになります。セルライトができてしまうとボコボコ見た目が悪く太くなります。一度できると運動や食事制限で解消にしにくいので、ほっそりした足を目指すなら予防が大切です。
下肢は重力の影響で血液やリンパが滞りやすいためむくみやすい部位です。静脈血やリンパは周辺の筋肉のポンプ作用で流れていて、長時間同じ姿勢でいると筋肉の刺激が少なくなって流れが滞り、老廃物が蓄積してむくみになります。足のむくみは日々の運動で筋力をつけることで解消します。適度な筋肉をつけることでむくみ解消やセルライトの予防ができるだけでなく、引き締まった細い足に近づきます。
足痩せに最適な運動がウォーキングです。ランニングのような激しい運動は筋肉がつきすぎてしまうことがありますが、ウォーキングなら足を細くするための筋肉はつきますが、筋肉で太くなることはありません。無理なくできる運動なので、運動が苦手な方でも行いやすいです。
歩く時間は30分以上が目安です。運動習慣がなかった方がいきなり30分歩くのは無理だと思うので、まずは一駅分歩くことから初めてみましょう。慣れてきたら10分、20分と歩く時間を増やしていきます。
歩き方に気をつければ、さらに足痩せ効果が高まります。足をけり出すときは親指に力を入れてできるだけ大股で歩きます。猫背にならないように姿勢に気をつけます。ウォーキングシューズを履くと歩きやすいです。

2016/01/02 18:27:02 |

体がむくむという原因として、病気が潜んでいる場合があります。
その体がむくみやすい病気について、まとめてみました。

 

・腎臓が悪い人
腎臓が悪人は、体の余分なむくみの水分を、体の外に排出することがむつかしくなっています。
その結果、体の中に水分が溜まってしまうことになるのです。
急激に体がむくんできたという場合は、腎臓の機能が低下しているかもしれません。
そのような症状がある場合は、病院を受診することが大切です。
腎臓が悪くなると、腎臓が働かなくなって、人工透析等を受けることになるので、早期受診をすることが大切となってきます。
異常を発見した時には、なるべく早く、病院を受診するようにしましょう。

 

・心臓が悪い人
心臓が悪い人は、血液の循環が悪くなっているので、その結果、体がむくんでしまいます。
心臓や腎臓の悪い人は、食事に気を付けることが大切です。
それは、体の中に水分を貯めやすい塩分を、制限することが必要となります。
減塩食とする等、気を付けるようにしましょう。
また、内服薬についても忘れないように飲むことが大切です。
内服薬は、血中濃度が飲み忘れによって、乱れることになり、その結果、症状が悪化することがあるのです。
そのため、飲み忘れは要注意です。

 

・下肢静脈瘤がある人
下肢静脈瘤がある人は、足の血管の弁がおかしくなっているので、足に水分がたまりやすくなります。
そのため、ひどくなっている人は、病院を受診して治療をすることを、おすすめします。

2015/12/30 15:52:30 |

朝出かけるときにはぴったりだった靴が、夕方近くになると窮屈に感じられる。こんな場合、まず間違いなく体にむくみが生じています。これ以外にも夕方になると、足がだるく重く感じられる、ふくらはぎを押すと押しあとがつく、指輪がきつく感じられることがある、といった症状に心覚えがある方は、むくみの症状が出ています。むくみをそのままにしておくと、症状は次第に悪化していきます。むくみの症状がすでに出ている方は、出来るだけ早めに対策法を考えて実践するようにしましょう。
むくみの原因にはさまざまな理由が考えられます。主な原因として挙げられるのが、長時間立ち仕事をしている、同じ姿勢で座ったまま作業をする、慢性的な運動不足、栄養バランスの欠ける食習慣、冷え性、精神的なストレスや水分の摂取不足など。これらに思い当たることがある方は、一度セルフチェックとしてふくらはぎを押してみて押しあとが残るかどうか、確認してみましょう。
むくみを解消するには日常生活をすべて見直す必要があります。まずは食習慣から。カリウムを多く含む食材はむくみの解消に効果的とされています。果物ならバナナやアボカド、野菜ならほうれん草やさつまいもなどがお勧めです。塩分の多い食事は血圧を上昇させる恐れがあるばかりでなく、血管の収縮も招いてしまいます。塩分は控えめに、水分はたっぷり補給するようにしましょう。
運動不足もまたむくみの原因となります。第二の心臓とよばれるふくらはぎの筋力が弱まると、心臓から送られてきた血液が再び体の上部に戻りにくくなります。激しい運動を行う必要はありませんが、出来れば毎日適度な運動を行い、筋力が低下しないように注意しましょう。足は心臓から遠い位置にあるため、血管から水分が出やすい傾向があります。長時間立ち仕事をしたり、同じ姿勢を保ったままで過ごすのはやめ、仕事や家事の合間には軽い体操などを行うようにしましょう。
冷え性もまたむくみの原因になりますので、手足の冷えやすい方は体を冷やさないよう、シャワーではなく浴槽につかり体をゆっくり温めるようにすると、血行不良が改善され、むくみの症状が出にくくなります。

2015/12/29 17:42:29 |

私はとてもむくみやすい体質で、顔はもちろん脚もパンパンにむくみます。とくにお酒を飲んだ次の日の朝は誰?!って言うくらい顔がパンパンになります。
そこで、自分なりに考えたむくみ解消法について書きたいと思います。

 

まず足のむくみの原因は長時間同じ姿勢でいること、運動不足、冷え、塩分過多のようです。

 

私が毎日行っているのは、入浴中のマッサージです。入浴中は血流が良くなっているのでオススメです。
そして寝る前にはメディキュットをはきます。
これはオールシーズンです。夏場は薄いのを履き、冬はモコモコのを愛用しています。これは本当に効果大です!翌朝にはすっきりしてますよ!
立ち仕事というのもあり、本当に脚のむくみがひどいので、これは辞められません!!

 

そして顔のむくみの原因は、アルコールの飲み過ぎ、塩分糖分の摂り過ぎなどのようです。

 

なので私は解消法として朝起きたら、メイク前に顔のマッサージをします。老廃物を流すように首へ向かって流すようにマッサージをします。これだけでかなりすっきりします。目も覚めるので一石二鳥です!

 

またカリウムを積極的に摂るといいようです。
カリウムの多い食品は、バナナ、桃、りんご、ひじき、アボカド、ほうれん草、じゃがいも、納豆などです。
私はどれも好きな食材なので普段から良く食べています!

 

他にも体を冷やさないように暖かくしたりなど冷えにも気をつけてます。

 

むくみは永遠の敵です!食事や生活習慣に気をつけながら、毎日のむくみを解消できたらなと思います。